Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バーンスタイン「プレリュード、フーガとリッフ」
2007年01月04日 (木) 23:59 | 編集


早速で大変申し訳ないのですが、先日コメントを頂いたgarjyuさんがお聞きになったと思われるCBS-SONY盤の「フーガとリッフ」のCDを見つけました。クラリネットがベニー・グッドマン、コロンビアジャズコンボなるビッグバンドです。こういう演奏を求めていたんです!、という演奏で胸が躍ります。繰り返し繰り返し聞いてしまいました。
サックスのフーガではアルト、テナー、バリトンがフーガを演奏するのですが、艶のある音色が実に美しい!特にアルトの音が良いですね。ベニー・グッドマンは、最初のリフではをおそるおそる吹くという感じなのですが、終盤に向かってテンションを上げていきます。リズム隊もスイングしてますね。終盤にリフを繰り返す場面が圧巻です。とてもいい演奏だと思いました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありましたか
こんにちは。

これです。LP時代に聴いていました。
私も聴きたくなってきました。

garjyu
2007/01/06(土) 16:33 | URL | garjyu #lJQnh9ng[編集]
ありがとうございました。
garjyuさん、ヒントを頂いたおかげでいい演奏に巡り会えました。どうもありがとうございました!
2007/01/06(土) 20:00 | URL | Shushi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。