Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サヴァリッシュ/ヴァーグナー「ワルキューレ」
2007年01月07日 (日) 16:17 | 編集

ワーグナー「ニーベルングの指輪」(全曲) ワーグナー「ニーベルングの指輪」(全曲)
サヴァリッシュ(ヴォルフガング)、ヘイル(ロバート) 他 (2005/09/14)
東芝EMI

この商品の詳細を見る



お休みを利用して見ました。サヴァリッシュの振るバイエルン州立歌劇場の「ニーベルングの指環」から「ワルキューレ」です。

本当に人間くさい神々ですね。ギリシア神話の影響もあってか、フリッカにからきし弱いヴォータンは、ヘラを畏れるゼウスのようですね。ブリュンヒルデに罰を与えると宣言するにはとても威勢が良かったのに、やはり最愛の娘に罰を与えるにあたっては、逡巡を見せたり、情味を見せたりするあたり、本当に憎めないお父さんという感じです。

並み居る歌手の中で、最も印象に残ったのは、フンディングを歌うクルト・モル氏でした。光沢のある美しい声色に再び恐れ入るのでした。彼の歌は、クライバーやカラヤンが振った「ばらの騎士」のオックス男爵ですでに体験済みでしたが、あらためて心に染み入りました。

次作「ジークフリート」も楽しみですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
サバリッシュのヴァーグナー
Shushiさま
コメント、ありがとうございます。m(_ _)m

サバリッシュのリンク、懐かしいです
LDで、全曲持っています。ですが、最近、LDを使わなくなって、そのままにしています、爆。
歌手よりも、演出で色々と物議をかもした演奏でしたよね。オケストラは良い音がしていた記憶があります。久しぶりでLDで聴いてみようかとも思います。機械が動けばですが~
ミ(`w´)彡 
2007/01/08(月) 00:37 | URL | rudolf2006 #rD0dw0ug[編集]
サヴァリッシュのリング
rudolfさま、ご来訪ありがとうございます。
演出は、ほどほどに斬新でなんとかついて行っています。映像で言うとレヴァイン盤のほうがオーソドックスな演出らしいのですが、そこまで手が回るかどうか(懐具合…)。昨日かなり集中してワルキューレをみたので、今日は少し疲れ気味です……(>_<)。
2007/01/08(月) 18:07 | URL | Shushi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。