Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アバド/ペルゴレージ「スターバト・マーテル」
2007年01月09日 (火) 18:30 | 編集



ペルゴレージ : スターバト・マーテル ペルゴレージ : スターバト・マーテル
アバド(クラウディオ)、マーシャル(マーガレット) 他 (1995/09/01)
ユニバーサルクラシック

この商品の詳細を見る


清冽な水の流れを思い起こさせる清々しい曲。しばし俗世を忘れさせるのに十分すぎるすが清澄さ、敬虔さ、清廉さ。ほどよいリヴァーブ感が、あたかもロマネスク教会の豊かな残響波の中で演奏されているようなニュアンスを与えています。アバドも録音には気を遣ったようで「録音技師に対して、奥深い響きが生まれるように注文をだした」のだそうです。そういう意味ではこの録音は成功だと思います。8曲目「わが心をして」と12曲目「肉身は死して朽つるとも」のフーガで胸がいっぱいになります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
スタバトマーテル
Shusiさま
お早うございます。
いつもコメントありがとうございます。m(_ _)m

「スタバトマーテル」というと、私はすぐにロッシーニのものを思い出してしまいます。ペルゴレージも聴いてみたいと思っています。どうしても、好きな曲ばかり聴いてしまって (^_^;)

私のブログにリンクを張らせていただきました。
今後とも宜しく御願いいたします。

久しぶりに、辻邦生氏の「背教者ユリアヌス」を読んでみようかと思っています。
ミ(`w´)彡 
2007/01/10(水) 07:58 | URL | rudolf2006 #rD0dw0ug[編集]
これは、私も大好きな録音です。
大事にずっと聴いていきたい1枚です。

garjyu
2007/01/10(水) 18:44 | URL | garjyu #lJQnh9ng[編集]
>rudolf2006さま
コメントありがとうございます。逆に僕はロッシーニのスタバートマーテル、ノーチェックです…(^^;)。はやくチェックしないと…。
リンク頂きありがとうございました。僕もrudolf2006さんのブログのリンクを張らせて頂きました。今後ともよろしくお願いします。
2007/01/10(水) 19:13 | URL | Shushi #-[編集]
コメントありがとうございます
>garjyuさん
いつもコメントありがとうございます!
この盤、演奏も録音も本当によいですよね。心が洗われます。
2007/01/10(水) 19:16 | URL | Shushi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。