Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サヴァリッシュ/ヴァーグナー「ジークフリート」
2007年01月11日 (木) 21:48 | 編集


ワーグナー「ニーベルングの指輪」(全曲) ワーグナー「ニーベルングの指輪」(全曲)
サヴァリッシュ(ヴォルフガング)、ヘイル(ロバート) 他 (2005/09/14)
東芝EMI

この商品の詳細を見る


先日の「ワルキューレ」に続き、「ジークフリート」を三日かけてやっと見終わりました。正直疲れましたが、ブリュンヒルデの覚醒シーンには感動しました。ブリュンヒルデが「ジークフリート牧歌」のフレーズを歌うあたり、最高でした。

ルネ・コロ氏を楽しみにしていたのですが、衣装と髪型が今ひとつで残念。ジークフリートとしてつけられた演技も少し無理があるかなあと。まるで「知性のかけらもない乱暴な男の子」的な演技がつけられていて、すこし疲れます。ただし、男の子と言うには無理のある年格好なのですが……。コロ氏が悪いわけではないのですけれど。しかし目を閉じて聴いているだけにしておけば良かったです。

演出ですが、「ワルキューレ」の時もそうでしたが、未来宇宙都市と神話的舞台が混交していて、残念ながらちぐはぐな感じが否めません。スペースコロニーと見まがう背景を前に、革の切れ端を重ね合わせて作ったようなジークフリートの衣装を見るのは、解釈するのに少々疲れました。そのちぐはぐさに意味を見いだす必要があるのかもしれませんが、今の僕にはそれをなす力が足りないようです。

僕が大好きなクルト・モル氏が少ししか出てこなくて残念。あの美声はやはりばらの騎士で味わうしかありません。

次作「神々の黄昏」も引き続き見てみたいと思います。楽しみですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。