Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラトル/マーラー交響曲第5盤
2007年01月16日 (火) 20:47 | 編集
マーラー:交響曲第5番 マーラー:交響曲第5番
ラトル(サイモン) (2002/10/25)
東芝EMI

この商品の詳細を見る

一日遅れですが、カラヤン以外ベルリンフィルで最も印象的だと思う演奏です。ラトルの振ったマーラーの交響曲第5番です。ヴァントのブルックナーのシリーズにしようか、アバドのマーラーにしようかと迷ったのですが、最も衝撃的だったのが、ラトルマーラーでした。
はじめて聴いたのはNHKBSで深夜に放送された映像を見たときでした。もう4年ほど前になると思います。たしかラトルの芸術監督就任記念コンサートという位置づけだったと思います。
印象に残ったのは第三楽章で、テレビ映像に驚かされたのでした。ホルンがラトルの横に立って、あたかもホルン協奏曲のように演奏されていたのでした(メンゲルベルクが考案したそうです)。ウィンナーワルツのような華麗さを醸成していたのでした。
それにしても、ラトルの演奏を聴いて眼から鱗が落ちました。マーラーの5番がこんなにも面白い曲だとは思いもよらないことだったのです。それまで持っていた盤では味わえないものでした。ラトルが自分の美意識を隅々にまで浸透させているのがよく分かるのでした。そのころまでラトルを聴くことはあまりなかったのですが、本当に巧い指揮者なのだな、と思い知らされたのでした。生き生きとした躍動感と、隅々にまで施された装飾的美しさを、こんなに楽しむことが出来るのものなのか、と思ったのでした。
ベルリンフィルではなくラトル中心になってしまいました…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご参加、ありがとうございます
こんにちは。TBさせていただきました。

ラトルのマーラーでは、第10番もありましたよね。
こちらは、音楽監督に就任する前の、ベルリン・フィルとの録音だったのかな?

次回の「メンデルスゾーン」も、ご縁がありましたら、ぜひどうぞ!
2007/01/16(火) 22:54 | URL | miwaplan #9oSvBdUo[編集]
こんばんは。『勝手にベルリンフィルの日』ご参加ありがとうございます。

これは評判のものですね。
ラトルの指揮のCDは新鮮な演奏が多く好きなのですが、ベルリンフィルとの共演のものは、不勉強で持っておりません。
確か、DVDでもでていたと思いました。そちらを購入しようかと計画しています。
2007/01/17(水) 20:13 | URL | garjyu #lJQnh9ng[編集]
>miwaplanさん
コメントありがとうございます。10番は監督就任前の録音ですね。クック版での録音でした。こちらも今日聴いてみました。
次回のメンデルスゾーンはちょっと手強そうですが、頑張ってみます。
2007/01/17(水) 21:10 | URL | Shushi #-[編集]
>garjyuさん
コメントありがとうございます。
DVDでご覧になった方が、より驚きが増すと思います。ラトルの指揮は映像で観たほうが楽しめるのではないかなあ、と思います。この間までBS放送でやっていましたが(ヴァルトビューネやヨーロッパコンサートなど)、どれもとても楽しめた演奏でした。
2007/01/17(水) 21:12 | URL | Shushi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。