Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムラヴィンスキー/超絶の管弦楽名演集
2007年01月22日 (月) 20:21 | 編集
ルスランとリュドミラ~超絶の管弦楽名曲集 他 ルスランとリュドミラ~超絶の管弦楽名曲集 他
レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団 (1997/06/21)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る


ムラヴィンスキーが1965年にレニングラードフィルを振った「ルスランとリュドミラ序曲」を聴きました。一年365枚のgarjyuさんのおすすめだったのですが、幸運にも同じ録音と思われる盤を図書館で見つけることが出来たのです。

まずは一糸乱れぬ弦楽器の超速演奏に驚かさされました。一時代前のソヴィエト兵の軍事パレードを思わせるムラヴィンスキーの軍隊的統率力ですね。各音部のバランスも抜群。チェロも良く歌っています。これ以上の完成された録音が望まれるでしょうか?

「ルスランとリュドミラ序曲」以外では、特に「ローエングリン第三幕前奏曲」と「ヴァルキューレの騎行」が印象的。輝かしい金管とよく束ねられた弦楽部のバランス。「ヴァルキューレ」では、金管のパッセージが重厚かつスマートで、この曲が持つことを運命づけられている(楽劇中であり映画中の)戦闘的イメージをよく表出していました。

この盤には「フィガロの結婚」の演奏も収められていますが、この曲も高度に統制されています。序曲に続く歌劇本編のイメージを変えてしまうほど個性的・ソヴィエト的演奏で、社会主義リアリズム的フィガロの結婚と言った具合でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
リンクありがとう御座います。

アノ時代のアノ国だから出来た奇跡のひとつだと思います。
ワーグナーも素晴らしいですよね。

garjyu

2007/01/22(月) 20:56 | URL | garjyu #lJQnh9ng[編集]
コメントありがとうございます
garjyuさん、コメントありがとうございます。

まさに、おっしゃるとおり、あの国でしか出来なかったことなのでしょうね。いいCDを聴くことが出来ました。ありがとうございました。
2007/01/23(火) 15:32 | URL | Shushi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ヴァルキューレワルキューレ(ドイツ語:Walküre、「戦死者を選ぶ者」の意)は、北欧神話に登場する複数の半神。日本語としてのワルキューレはドイツ語での発音「ヴァルキューレ」に由来し、古ノルド語ではヴァルキリア(古代再建音:ヴァルキュリア、ヴァルキュリャ(
2007/03/04(日) 23:45 | 神話&神々の研究
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。