Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショルティ/ワーグナー「ジークフリート」
2007年01月31日 (水) 20:56 | 編集
Wagner: Siegfried Wagner: Siegfried
Richard Wagner、 他 (1997/10/14)
London

この商品の詳細を見る


昨日から、今日にかけて「ジークフリート」の復習をしています。と言っても、ブリュンヒルデとジークフリートの出会いの場面だけですが……。最終部で、ジークフリート牧歌の旋律が現れるところが美しすぎて卒倒しそうです。この長い「ジークフリート」は最後にこんなに扇情的な音楽を持っているとは、全く油断がなりません。

しかし、「ニーベルングの指環」は一筋縄ではいかないですね。プッチーニやシュトラウスのほうがまだ取っつきやすいかなあ、と。まだきき込みが足らないと言うことだと思いますが……。

もっと頑張ってききまくりましょう!

(その前に、「ダフネ」の予習をしないと……。日本初演、もう再来週の土曜日になってしまった……)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。