Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バレンボイム/ワーグナー「さまよえるオランダ人」
2007年02月20日 (火) 22:41 | 編集
ワーグナー:さまよえるオランダ人 ワーグナー:さまよえるオランダ人
バレンボイム(ダニエル)、シュトルックマン(ファルク) 他 (2002/11/20)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


今日は「さまよえるオランダ人」の予習をしました。再来週の日曜日(3月4日)の新国での公演に向けた予習です。私の部屋にはもうCDを収める場所がなくなっています。仕方がないので買うのは断念し、図書館で借りてきました。必死に聞いています。バレンボイムが振ったベルリン・シュターツカペレの演奏。迫力満点ですが、初期ワーグナーだけあって語法が古いなあ、とおもいました。ベルディ以前のイタリアオペラに親しんでいる向きには、入りやすいのではないでしょうか? ただ、日頃シュトラウスに耳が慣れてしまっていると、少しものたりなさを感じるかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいですね~
Shushiさま お早うございます。

いつも、コメント、ありがとうございます。

「オランダ人」は、ベームがバイロイトで演奏したものを持っています。トマス・シュツワートさんのオランダ人がいいですよ
バレンボイムは、あんまり聴かないんですよ

ミ(`w´彡)
2007/02/21(水) 06:13 | URL | rudolf2006 #rD0dw0ug[編集]
いつもコメントありがとうございます。
ああ、やはりこれもベームがいいのですね! 物欲が……。

図書館にあった「オランダ人」が、たまたまバレンボイム盤だったので、と言う感じです。手堅くて意外と良いかな、と思いました。
2007/02/21(水) 22:08 | URL | Shushi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。