Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラヴェル/クープランの墓
2007年03月11日 (日) 21:54 | 編集
ラヴェル:管弦楽曲集第4集 ラヴェル:管弦楽曲集第4集
クリュイタンス(アンドレ) (2001/09/27)
東芝EMI

この商品の詳細を見る


ジェロニモス修道院のベルリン・フィル ジェロニモス修道院のベルリン・フィル
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (2004/10/06)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


午前中は小雨が降っていましたが、午後になると見事に晴れ上がりました。

午前中は、シュトラウスのホルン協奏曲、オーボエ協奏曲など。午後は、ラヴェルのクープランの墓を聞きました。クープランの墓は、ブーレーズ指揮ベルリンフィルの映像も好きですが、クリュイタンスのこの盤もお気に入りです。ブーレーズに比べてクリュイタンスのほうが、馥郁な香りがあたりに立ちこめる感じですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
クリュイタンス、良いですよね
Shusiさま こんばんは
いつもコメント、ありがとうございます。

クリュイタンス盤のラヴェルって良いですよね、昔のフランスのオケストラ、味わい深いですよね、私も、ごくたまに(爆)聴きます~。
ミ(`w´彡)
2007/03/13(火) 23:14 | URL | rudolf2006 #rD0dw0ug[編集]
いつもありがとうございます。レス遅くなりまして申し訳ありません。
確かに味わい深いですね。たまに聞くと良いものです。
2007/03/15(木) 17:36 | URL | Shushi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。