Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ばら戦争勃発
2007年04月11日 (水) 23:36 | 編集
R.シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」
ユニバーサルクラシック (2002/06/26)
売り上げランキング: 20216
おすすめ度の平均: 5.0
5 ウィーンの香り!
5 これぞオペラ!陶酔してください
5 カラヤン盤と双璧をなす名盤!



先だって、新聞を読んでいたら、今年日本では「ばら戦争」が勃発するとのこと。ばら戦争といえば、中世イギリスを二分した戦争ですな。白ばらヨーク家と赤ばらランカスター家の争い。

それが日本でも勃発です!



  • 2007年6月 新国立劇場「ばらの騎士」

  • 2007年9月 チューリッヒ歌劇場「ばらの騎士」

  • 2007年11月 ドレスデン国立歌劇場「ばらの騎士」

  • 2008年2月 びわ湖ホール「ばらの騎士」



凄いですねー、こんなに「ばらの騎士」が見られるなんて。びわ湖ホールでもやりますので、関西の方もみにいけるかもしれませんね。

僕は、このうち新国立劇場とドレスデン国立歌劇場を観に行く予定。

新国立劇場はペーター・シュナイダーさん、ドレスデンは準・メルクルさんですね。シュナイダーさんは、ドレスデンでカプリッチョを見たときに振っていらした指揮者。手堅くまとめていた感じを受けました。準・メルクルさんも重厚な響きを引っ張り出す指揮者という印象です。どんなばらの騎士になるのか楽しみです。

「ばらの騎士」は2003年の夏に二期会公演を見たのが初めて。あとは、カルロス・クライバー師がウィーンで振った完璧すぎるDVDを見たぐらいです。クライバー盤のDVDは、ロットさん、オッターさん、ボニーさんが素晴らしかったですし、オックス男爵のクルト・モルさんも良かった。前にも書きましたが、僕はモルさんの声が大好きなのですよ。

そんなことを思いながら、終幕の三重唱を聴いてみました。

ああ、やっぱり、オペラで言うと、シュトラウス先生とプッチーニ先生が激しく好きなんだなぁ、僕は……。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
クライバーの「薔薇の騎士」
Shushiさま こんばんは

クライバーの「薔薇の騎士」は、観ることができたんですよ、確か、ミュンヘンの歌劇場のDVDもあったと思うんですが~。私が観た配役は、その公演と同じであったと思います。

琵琶湖であるんですか?琵琶湖のホールも高くて;;それに意外に遠いんですよ;;

ミ(`w´彡)
2007/04/12(木) 17:17 | URL | rudolf2006 #rD0dw0ug[編集]
rudolf2006さん、こんばんは。

クライバーさんの演奏を聴かれたのですか! うらやましいです。

僕はDVDで観ることぐらいしかできませんが、それでも余りあるすばらしさだと思います。感謝しないといけません。

確かにびわ湖は京阪神からは少々遠そうですね。大阪や京都での公演があればよいのに、と思います。
2007/04/12(木) 21:30 | URL | Shushi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。