Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デュメイ、 ピリス/フランク ヴァイオリンソナタ
2007年04月15日 (日) 22:52 | 編集
フランク/ヴァイオリン・ソナタイ長調 フランク/ヴァイオリン・ソナタイ長調
デュメイ(オーギュスタン) ピリス(マリア・ジョアン) (1995/07/26)
ユニバーサルクラシック

この商品の詳細を見る
久々に「勝手に~」に参加したいと思います。

 いまから8年ほどまえ、室内楽ばかり聴いている時代がありました。ブラームスの室内楽を中心にいろいろ聴いていたのですが、ブラームスのピアノトリオの素晴らしい演奏を見つけたのです。それがデュメイとピリスの演奏でした。透き通りつつ柔らかいデュメイのヴァイオリンと、ピリスの叙情的で静かな情感のこもったピアノにほだされてしまったのでした。

二人の演奏のCDを何枚かかったのですが、その内の一つがこのフランクのヴァイオリンソナタのCDでした。僕が聴いたなかではフランクが一番印象的だなあ、と思います。

 いやあ、美しすぎますよ、これは。

印象画派の淡い光のタッチを音楽にするとこんな風にきこえるのではないか、と思います。 太陽の光が並木の隙間から差し込んでいるのを眺めている感じ。柔らかい微風が頬を撫でていく。暖かい土や草の匂いが立ちこめている中、草原に寝ころんでいて、太陽の穏やかな光を浴びている、とか、そういう気分。きっと生演奏で聴くと、涙が止まらないんだろうなあ、と思います。

 MONET MONET

当時、フランスものに多少のめりこんでいた時代で、年甲斐もなく「失われた時を求めて」を読み始めたり、オルセーの屋根裏でうちふるえたりしたなあ。

この曲はプルーストの「失われた時を求めて」に出てくるヴァントゥイエのソナタのモデルにもなったとのこと。「失われた時を求めて」にでてくるバルベック界隈の美しい海岸や林の風景が思い浮かんできます。

そんなことを思いながら聴いています。またプルースト再開しようかな、と思いました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。勝手にヴァイオリンの日ご参加ありがとうございます。
フランクのソナタ好きなのですが、今、手元にこれはというCDがありません。デュメイ、ピリスか、これは良い組み合わせですよね。これ探します。

次回の勝手にxxの日はロシア5人組です。またよろしくお願いいたします。
2007/04/16(月) 22:59 | URL | garjyu #4A9T8td.[編集]
フランクのソナタ良いですね。
このような印象派の絵を見ながら聴くのもいいかもしれませんね。

デュメイ&ピリスのこの盤は定評あるようなのですが、未聴です。今度聞いてみたいと思います。
2007/04/17(火) 23:02 | URL | ダンベルドア #xxUL.Pt6[編集]
garjyuさん、コメントありがとうございます。次回も頑張ります。

ダンベルドアさん、コメントありがとうございます。絵を観ながら音楽を聴くというのは少々邪道かもしれませんが、そういう聴き方も僕は好きです。やっぱりイメージを結びつけてみたくなりますので。
2007/04/17(火) 23:05 | URL | Shushi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ジャック・ティボーの弾いたヴィタリ作曲シャコンヌ。これは絶品です。
2007/04/17(火) 22:45 | ★ 音楽と季節の記♪ ☆
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。