Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インテルメッツォを聴いてみたりして。
2007年05月23日 (水) 23:55 | 編集
Strauss: Intermezzo Strauss: Intermezzo
Dietrich Fischer-Dieskau、 他 (1993/11/16)
Angel

この商品の詳細を見る

まずは、残念なことに昨日記事を書いたつもりだったのですが、下書きのままだったみたいでした。昨日の記事がなくて、あれれ、ということで気づいてしまいました。やはり疲れ気味なのでしょうか?

今日は、またですが、サヴァリッシュさんのインテルメッツォなどを聴いておりました。私は聴く範囲が狭いのでしょうか。他の方々のようにいろいろな演奏を聴いたりしていない気がしています。それにしても部屋はCDで溢れているのですが(本と同居して一部屋つぶれている感じです)……。僕は買ったCDを売ったりしていないからなのではないか、と思っています。聴いてみて、どうしても欲しいもの以外は売って行って、スペースをつくって新しいものを買っていく感じ、循環させていく感じにしないと行けないのかな、と思っています。

それにしても、いつ聴いてもルチア・ポップさんの歌は素晴らしい。聴いているだけで明るい気分になりますね。明瞭な発音で歌詞もはっきり。早いパッセージを気持ちよく歌っています。胸がすっきりしますね。

今日は、会社帰りに図書館に寄ることができたのですが、そこで吉田秀和さんの本を少々立ち読みしました(もう限度一杯借りているので、借りられなかったのですが)。そこには、小澤征爾さんがニューイヤーコンサートを振ったことについて書いておられました。とても良い演奏だと褒めていらして、出自にかかわらずともこうして西洋音楽でよい仕事をすることが可能であることの証左なのだ、ということをおっしゃっていました。そうですね。そういった日本のかた、あるいはアジアの方はたくさんいらっしゃるわけですので、そう言った方にとってはとても勇気づけられる文章だな、と思います。千秋君なんか、とても勇気づけられるのではないでしょうか(笑)?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
インテルメッツォ
Shushiさま こんばんは

「インテルメッツォ」良い曲ですよね、サヴァリッシュ盤しかないのが不思議なくらいですよね。でも、ポップさん、ディースカウさんの素晴らしい演奏が残っているのが、うれしいことですよね~。

昨日の、カラヤンのモツアルト、懐かしいですね~。もうああいう演奏は聴かれないですね~

ミ(`w´彡)
2007/05/24(木) 20:12 | URL | rudolf2006 #rD0dw0ug[編集]
コメントありがとうございます
rudolf2006さん、いつもコメントありがとうございます。

いつもインテルメッツォでごめんなさい、と言う感じです。たまには別の音楽も聴こうと思います。そのためにはiPodの曲を入れ替えなければ……。

カラヤンのモーツァルト、思いの外よかったので驚いています。以前には分からない良さでした。嬉しいです。
2007/05/24(木) 21:33 | URL | Shushi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。