Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝比奈隆さんのことば
2007年06月18日 (月) 23:59 | 編集
ブルックナー:交響曲第8番(ハース版)
大阪フィルハーモニー交響楽団 ブルックナー 朝比奈隆
ポニーキャニオン (2000/01/19)
売り上げランキング: 3048
つい先だって、NHKで「あの人にあいたい」という短いドキュメンタリーが放送されていました。その中で、朝比奈隆さんの言葉が紹介されていました。

人より一日でも長く生きて
人より一回でも多く指揮台へ立つ

良い言葉ですね。指揮者でなくとも、そうありたいなあ、と思いました。
ブルックナー:交響曲第7番
大阪フィルハーモニー交響楽団 朝比奈隆
ビクターエンタテインメント (1987/08/21)
売り上げランキング: 3923
実は、朝比奈さんが大阪フィルを振った演奏をNHK-FMで聴いたのが、僕のブルックナー体験の始まりでした。小学6年生ぐらいだったでしょうか……。最初はよく分かりませんでしたが、聴いていくうちにブルックナーのすばらしさが分かってきたのでした。 それで、社会人になって、またクラシックを本格的に買い始めた時に出会ったのが、ザンクトフローリアンでのあまりにも有名な7番の録音でした。これはすごい録音でした。 今日は、1908年にお生まれになって、2001年になくなるまで指揮台に立ち続けた朝比奈隆さんの偉大さを改めて認識したのでした。
この文書は、6月18日に書いたのですが、FC2のサーバーの調子が悪くて、アップできませんでした。ちょっと遅刻気味ですが、18日分と言うことでお願いします。
ランキング参加中です。よろしければ応援してください。
クリック→にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ にほんブログ村 本ブログへ
皆様のおかげで、まだ10位以内に入っております。ありがとうございます!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オッサンのこと
Shushiさま こんばんは

朝比奈さんのことは、「オッサン」と呼んでいました。朝比奈さんは晩年、もの凄いファンに囲まれて、幸せな晩年であったと思います。

ザンクト・フローリアンで演奏する演奏旅行に出かける前の演奏会を、私は聴きにいっていました。その頃は、ファンも少なく、大きなホールはガラガラでした。ですが、音楽はその頃の方が良かったように思います。

晩年は、もうほとんど何を振っているのか、分からない状態であったようです。ですが、あの年まで立って指揮をしていたのは立派であったなって思います。

ミ(`w´彡)
2007/06/19(火) 22:56 | URL | rudolf2006 #rD0dw0ug[編集]
rudolf2006さん、コメントありがとうございます。というか、こんなにレスが遅れてしまい申し訳ありません。

朝比奈さんの指揮は、一度だけ観たことがあります。ブラームスを振っておられました。かくしゃくとした指揮ぶりに本当に心を打たれたのを覚えています。もう15年ほどまえのことになりますが……朝比奈さんの人気は凄かったですね。
2007/06/22(金) 22:04 | URL | Shushi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。