Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
辻邦生「美しい夏の行方」と「春の戴冠」
2007年07月27日 (金) 23:59 | 編集
美しい夏の行方―イタリア、シチリアの旅 (中公文庫) 美しい夏の行方―イタリア、シチリアの旅 (中公文庫)
辻 邦生 (1999/07)
中央公論新社

この商品の詳細を見る

フィレンツェずいている今日この頃ですが、新潮文庫から出ている、題名も装丁も写真も、そしてもちろん文章もとても美しいこの本を読みました。アリタリア航空南回りで東京からローマに着いた時の祝祭的な気分、ローマの暑い一日を愉しみ、アッシジで聖フランチェスコの聖蹟に親しむ。途中で天使のような女の子に出会ったり。そしてフィレンツェ。ですが、そこで辻先生を待っていたものは……。

1989年に大判本で出版されましたが、もとは「マリー・クレール」という雑誌のために書かれた紀行文です。そして、この新潮文庫版が出版されたのは1999年7月3日。おなじ7月29日に辻先生は軽井沢で倒れられ息を引き取られましたので、おそらくは生前に出版された最後の本なのではないかと思います。

さしあたっては、前半のローマからフィレンツェの部分を読みまして、後半のシチリア紀行は今回は読まずに、「春の戴冠」に戻りました。こちらでは、ジュリアーノ・メディチが騎馬槍試合で、メディチ家のライバルであるパッティ家のロドルフォを打ち倒しますが、シモネッタの病も進行して……。サンドロ・ボッティチェルリは、いよいよ「春」の構想を練り上げてゆきます。上巻の喜びと悲しみのクライマックスが徐々に迫ってきています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
aostaと申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

先日来、「春の戴冠」を読み直し始めたところです。
もう25年も前の新潮社から出た2冊。急に思い出して探したのですがなかなか見つからずやっと探し当ててる事ができました。
(引越しの際のいくつかのダンボール箱が手付かずで残っていました)

「美しい夏の行方」は、未読です。

ぴりぴりと心がささくれるような文章が多いこのごろ、辻さんの文章が無性に恋しく思われてきます。
2007/07/31(火) 08:23 | URL | aosta #mQop/nM.[編集]
aostaさん、ご来訪ありがとうございます。コメント頂きまして大変嬉しいです。

私も、今読んでいるのは新潮社から初めて出た二冊本のバージョンです。明日上巻を読了する予定です。他のルネサンス関連本を読みながらゆっくりたのしんでいる感じです。

辻さんの文章、おっしゃるように、本当に流麗で甘美なのですが、それでいて理想を目指す透徹とした眼差しと力強さを兼ね備えているのですよね。もう虜になって15年ぐらいたちましたが、まだまだ読み足りないと思っています。

また辻邦生さんのこと、書いていきたいと思いますので、またご来訪下さい。お待ちしています。
2007/07/31(火) 20:15 | URL | Shushi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/08/15(水) 08:27 |
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。