Museum::Shushi bis
辻邦生さんの文学の紹介、文学、クラシックやジャズ、美術。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドレスデン逍遥―華麗な文化都市の破壊と再生の物語
2006年10月05日 (木) 19:02 | 編集
ドレスデン逍遥―華麗な文化都市の破壊と再生の物語 ドレスデン逍遥―華麗な文化都市の破壊と再生の物語
川口 マーン惠美 (2005/12)
草思社

この商品の詳細を見る


ドレスデンへ近々いくのですが、予習をかねて読んでみました。


  • ドレスデン大空襲の凄惨さ

  • アウグスト強王の狂王さ

  • ウェーバーとワーグナー

  • フラウエン教会の築造、破壊、再生

  • ザクセンドイツの震驚


などなど。
著者はシュトゥットゥガルトに住んでいる川口さんという方。日芸をでてからドイツに留学されて、ドイツの方と結婚されたようです。筆致は流れるような女性的随想です。
ドレスデンへ赴くためには必読の書。のみならずドイツに興味のある向きにもおすすめの書。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。